読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

idea 倉庫

将来はGoogle 志望のideaはあるけど資金と技術がない学生の気晴らしブログです

q

Thank you for looking! 

(´◉◞౪◟◉)
現在の収益
584円!
アクセス数
1028人
購読者数
26人

Huawei製日本未発売モデルまとめ

閲覧ありがとうございます<m(__)m>

 今日このブログのトップページを見てあれ?収益増えているぞ!と気づいた方いますかね?

実は…

なんと誰かがやってくれたようです!

一気に500円が手に入るなんてすごいですね!

 ↑ちなみにこの広告です。ご覧の通り主でも500円稼げたので気になる方はどうぞ!

(登録で主に500円)

今回は前回の続き(本題)なので説明はいらないですね。

どんどん見ていきましょう!

※すでに外国で発売されていたりするやつが主ですが、いくつかは噂だけのやつもあります。また、日本で出るかもわからないやつもあります。

 

前回

 

fumiho0330.hatenablog.com

 

目次

 

 

日本未発売モデル

一応前回との兼ね合いで大見出しをつけます。

 

まさかのedgeディスプレイ!? Mate9 Pro

発売地域:中国

 参考記事:ASCII.jp:日本未発売「HUAWEI Mate 9 Pro」はedgeディスプレーでP9よりの印象|山根博士の海外モバイル通信

価格:約60800

発売期待度:★★☆☆☆

 

 

前回紹介したとおり、Mate9は日本でも発売されています。

 今回紹介するMate9Proはすでに去年中国で発売されているモデルです。

結構経っているので発売期待度は低めですが紹介していきます。

名前からすると一見ただのマイナーチェンジモデルかと思われるかもしれませんが、見た目からすでにだいぶ違います。

 

 まず何といっても下のベゼルにボタンが存在しています。

たぶん現在日本で発売されているモデルではボタンがある機種はないのでは?

ただ、後に書くP10にもボタンはあるのでこれからボタンをつける機種を増やしていくかもしれませんね。

 また、タイトルにもあるとおり、edge加工がされたディスプレイでHuawei製のスマホっぽくない見た目をしています。

ただ、edge部分はGalaxyのそれとは異なりそこまで強くないようです。

 画面サイズはMate9の5.9型からやや小さくなり5.5型になっています。

edge加工も相まってそこまで画面は大きく感じないようです。

主は前回も書きましたが、大画面は持ちにくくて嫌なのでこれは👍

さらに、Proの名にふさわしく画面は小さくなったのに解像度はあがって1440×2560の2Kになっています。

そのほかカメラの画質はMate9から変わっておらず、見た目だけ大きく変わった製品のようです。

 

 

値段は安くはないですが楽天にも売っていましたので欲しい方はどうぞ!

 

魅惑の見た目に魅惑のスペックが加わった! honor8 Pro

発売地域:欧州

参考記事:Huawei、ハイスペックな「Honor 8 Pro」を欧州で発売 - ITmedia Mobile

価格:474ポンド(約65000円

発売期待度:★★☆☆☆

 

じゃじゃーん!

日本でも大人気のhonor8の上位機種が実は欧州で発売されていました。

価格は2万円ほど上がっていますが、その分凄いスペックになっています。

honor8との違いをまとめましたのでご覧ください!

  • ディスプレイサイズが5.2型→5.7型に
  • 主な大きさは高さ145.5mm×幅71mm×厚さ7.45mm→高さ157mm×幅77.5mm×厚さ6.97mm→
  • 解像度が1920 x 1080ドット(IPS)→1440×2560(2K)
  • CPUがHisilicon Kirin 950→Hisilicon Kirin 960
  • バッテリーが3,000 mAh→4,000 mAhに
  • メモリが4GB→6GB、ストレージが32GB→64GBに
 まとめると、ほぼすべてのスペックが上昇し、大きく・重く・薄くなったという感じです。まさに、Proっていう感じですね!

 後、微妙な変化だが二つあるカメラがhonor8では離れているがhonor8Proでは一列につながれている点も注目だ。

honor9の噂も出てきているため、発売期待度は高くはないが 魅力的な製品ではある。

 

honor8Proはまだ出ていないがhonor8は楽天でのみ売っているので欲しい人は下の広告から飛んで購入をお勧めする。(契約すると主に900円入る)

 
 

セルフィーを極めた機種 Nova2

発売地域:まだ発売していない

参考記事:Huawei Nova 2は5月26日にリリース発表、Snapdragon 660+12MP x 2のデュアルカメラ搭載 | スマホ評価・不具合ニュース

価格:予想は4万~5万円台

発売期待度:★★★★

 

まだどこにも発売されていないNova2の紹介です。

今月の26日に正式発表されるようです。

 Novaといえば今年の2月にリリースされたばっかりなので、こんなに早く次機種は出ないと思われるかもしれませんが外国では去年の10月にNovaが出ているので後継機が出てもおかしくはありません。

日本でもほぼ確実に発売されると思います。

 さて、この機種はタイトル通りセルフィーを極めたモデルになりそうです。

というのもこの機種のカメラは背面は12MP x 2のデュアルカメラで、セルフィー撮影すrフロントカメラの解像度は20MPもあるからです!

20MPとは 2000万画素ということですよ!!?やばくないですか!?
Xperiaは背面には2300万画素のカメラを搭載していますが、フロントカメラは1320万画素どまりです。(それでもかなり多い方)
フロントカメラでこの画素数は恐らく世界最高ではないでしょうか。
 また、カメラだけではなくCPUもつい最近発表されたSnapdragon 660を搭載するようです。(発売日によってはSnapdragon 660搭載の第一号になる可能性も)
 他にも、メモリは4GB、バッテリーは3,000mAh、画面サイズは5.5型(Novaは5.2)になる予定だそうです。
 このスペックで5万円台は納得、4万円台は歓喜、3万円台だったらHuaweiの株買い占めですねw
 

フラッグシップの名にふさわしい! P10/P10 Plus

発売地域:欧州など

参考記事:HUAWEI P10/P10 Plusのスペック比較レビューと価格、日本発売日まとめ

値段:P10が78000円、P10 Plusが84000円(メモリ6GBなら96000円)

発売期待度:★★★★

 

 さあ!発売期待度MAX!!!!P10のご紹介です。

カラバリが8色!?、iPhone買えるぐらい高い!?などもう最初の説明だけで、情報量がとても多いですが詳しくまとめていきたいと思います。

 

 P10は前作P9の後継機種ですが前回の記事でP9は紹介していないので良くわからない方もいると思います。

ですので…

consumer.huawei.com

頑張って読んでください(#^.^#)(ひでえ)

ちなみに見た目はこんな感じです。

なんかAmazon限定モデルでしたっけ?

とりあえずそれでブルーレッドが追加されて計5色展開でしたね。

値段は4万5000円くらいでかなり人気のあったモデルです。

見た目からも分かる通り、ボタンがP10では追加されていますね。(上でも書きましたが)

 

 今回のP10は超大幅値上げでもうiphoneが買える値段ですね。

それだけ高いのですからスペックもかなり豪華です。

まず、p10(側)とp10plus(側)の違いを箇条書きでどうぞ!

  • ストレージは 32/64/128GB ,64/128/256GB
  • メモリは 4GB,4/6GB
  • バッテリーは 3200mAh ,3750mAh
  • ディスプレイはフルHDの5.1型、2K の5.5型
  • 赤外線センサーがp10Plusのみにある

 赤外線センサーがあると、「スマートリモコン」というアプリを入れることでスマホをテレビやエアコンのリモコンとして使用できるようです。

所々p10Plusでしか選べないようになっていますね。

10000円という値段差が絶妙的にいやらしいですw

 P10のカメラ性能は非常に高く、スマホのカメラを点数付するサイトがあるのですが、P10はトップのPixel(Google💛純正スマホ)の89点にわずか2点差の87点という非常に高い評価を得ています。

もちろん評価がすべてではないですが、カメラ性能は文句なしでしょう。(ライカ製ですしね)

 また、スマホとしては非常に稀な8色ものカラバリがあるのも魅力の一つです。

特にグリーンはIphone5cぐらいでしか主も見かけませんでした。

ただ、日本で発売されるときは何色展開になるかはわからないので必ずしも好きな色が発売されるとは限りません。

 

 値段は決して安くはありませんがこのスペックでしたら納得っちゃぁ納得です。

しかし、やはり主はHuaweiのスマホはミドルレンジの4万円以下ぐらいの値段が魅力的だと思うので少しがっかりしました。

 

 

 

 p9は47000円とお手頃価格です。(買うと主に470円)

 

liteってプレミアム p10 lite

発売地域:欧州、マレーシアなど

参考記事:HUAWEI P10 Liteのスペックや価格、日本発売日まとめ

価格:オランダで42000円、マレーシアで33000円

発売期待度:★★★★

 

 さあああああああ!主一番注目日本未発売機種p10 liteがやってきました!

nova liteを買う予定の主ですが、これが6月ぐらいに来れば絶対こっちにします!!

元々p9 liteは大人気機種でなんかのランキングにsimフリー機種で唯一Top10入りしたとかなんとかとにかくhuaweiを有名にした機種です。 

その後継機種であるこちら!もはやスペック的にもliteの域を超え始めています。

大興奮の主ですがしっかり紹介していきましょう!

 

まずはP9liteとの比較

p10liteにはほかのスマホにはあまりないコーラルブルーという特徴的な色がありますが、派手すぎて主はあまり好きではないので今回は主が買う予定のブラックに注目して見た目を比べることにします。

断然左がかっこいい(^◇^)(あくまで主の意見です←やってみたかったw)

いわゆる2.5D加工で角が取れてめちゃくちゃお洒落になった感じがします。

nova liteに比べてもかっこいい!

 見た目だけでもご飯3杯いけますがスペックも大幅進化!

  • メモリが2GBから4GBに!(感謝)
  • ストレージが16GBから32GBに!(感激)
  • CPUがKirin650から658に!(雨あられ)
  • カメラが1300万画素から1200万画素に!(無視(´◉◞౪◟◉))
  • 大きさはディスプレイサイズが変わらないのに高さ・幅・厚さ共により薄く、小さくなっています!これは持ちやすぅぅぃ!(確信)

 もう本当に最高の端末なんですが、いくつか注意点もあります。

  • KirinCPUは3Dゲームに向かない
  • USB-CではなくMicroUSB
  • 値段はp9liteより10000円以上高い
  • かっこよすぎて萌え死する可能性あり

ゲームはやらないし、別にnova liteを買えば解決する問題でもないので全然主的にはOKです。

マレーシアみたいに33000円で日本で発売してくれれば嬉しい!

40000円いかなければたぶん日本でもバカ売れすると思います。

だから、huaweiさん!早く、ね?

外国ではとっくに出してるんですからぜひよろしくお願いします<(_ _)>

 

まとめ

前回との話をまとめると

結論は現時点で買うならnova litehonor8で待つなら、p10lite>>>>>>>Nova2がおすすめです。

 

nova liteの契約にはDMMモバイル、

契約で主に1400円

honor8の契約には楽天モバイルがそれぞれおすすめ!

今回の紹介した製品は全部発売がいつか分からないので今契約するのも全然ありだと思います。

 

閲覧ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

 
 
 
広告を非表示にする